葛飾区白鳥に平成24年4月にオープンした保育園です

  • ホーム
  • 保育園について
  • 保育園の特色
  • 一時保育

保育園の特色

園の特色

夜間保育実施園(21時30分まで開園)・少人数の構成
長時間園にてすごすお子さんもおり、ほっとできる環境を設定し家にいるのと近い状況で過ごしていただきたいと思っております。
具体的には・・・木のぬくもりを生かした家具の使用や乳児の間はできるだけ同じ大人が生活面で関わったり遊びたいと思ったときに自分でそこにいくと遊びたい玩具があるなどその環境のもとお子さんが自分らしく、 思ったことを表現したり、のびのびと行動できることを大切にしたいと思います。その積み重ねで育った豊かなこころが困難をのりこえるたくましさや柔軟に適応するしなやかさを育んでいきます。
戸外活動
おうちのお庭のようなすぐに出られて優しい自然(木、草、花、土、砂、築山)仲間や職員が視界に入るかわいらしいお庭(園庭)と身近にたくさんある広い公園で戸外活動を行います。
クラス名にお子様の発達段階や私達の願いが込められています。
0歳・・・わたぐも
柔らかいイメージ、白くて清らか、もこもことかわいらしい動き
1歳・・・おひさま
明るいイメージ、輝いて躍動的に動き出す
2歳・・・あおぞら
視野が広がるイメージ、のびのびと行動
3歳〜5歳(異年齢)・・・うみ
雄大なイメージ、凪から嵐まで大きな変化
3歳のみ・・・うきうき(好奇心)
4歳のみ・・・わくわく(挑戦)
5歳のみ・・・きらきら(憧れの対象)
一時保育・・・そよかぜ(一瞬吹き抜ける さわやかな風)
幼児(3〜5歳児)は異年齢で一緒に生活します。
0歳〜2歳の生活で身につけた基本的生活習慣をさらに積み重ねながら年長児は年少児の困っている姿に気づき自然に手助けをしたり年少児は年長児の行動に憧れをもってまねてみようとしたり、 信頼して一緒に過ごしたり・・・日々の中で兄弟と同じようなけんかもしたりしながら人間関係を深め家族に近い感覚になれたらと願っております。
活動によっては年齢別での取り組みも設定していきます。

PAGE TOP

年間行事

平成25年度 年間行事予定
月日 行事名 内容 参加者
4月 「はるだねのかい」
(ちゅうりっぷの会)
各クラスにて入園・進級を祝います 全園児
5月 こどもの日 日常の中で雰囲気を味わいます 園児(年齢に応じて)
懇談会 保護者・職員の顔合わせ一年の予定など 保護者
6月 保育参加 お子さんと一緒に園で過ごし園の生活を実感していただきます 保護者(園児は日常の生活)
7月 七夕 日常の中で雰囲気を味わいます 園児(年齢に応じて)
「なつだねのかい」
(ひまわりの会)
プール開きをします 園児(年齢に応じて)
8月 ↓プール遊び
水遊び
夏ならではの遊びを楽しみます  
9月 お月見 日常の中で雰囲気を味わいます 園児(年齢に応じて)
10月 「あきだねのかい」
(どんぐりの会)
お子さん・保護者の方・職員一緒にふれあいながらひとときを過ごします 園児・保護者
11月 保育参加 お子さんと一緒に園で過ごし園の生活を実感していただきます 保護者(園児は日常の生活)
秋の遠足 園外に出かけ季節を感じたり仲間と同じ体験を楽しみます 園児(4・5歳児)
個人面談   保護者と担任でお話します
12月 「ふゆだねのかい」
(もみの木の会)
4・5歳は発表の機会をもちます
他の年齢はクリスマスの雰囲気を楽しみます。
園児(年齢に応じて)
4・5歳児保護者
1月 お正月遊び 日常の中で雰囲気を楽しみます 園児(年齢に応じて)
シルエット劇場 影絵の観劇を楽しみます 園児(年齢に応じて)
2月 節分 日常の中で雰囲気を楽しみます 園児(年齢に応じて)
懇談会 来年度の予定など 保護者
3月 ひなまつり 日常の中で雰囲気を楽しみます 園児(年齢に応じて)
おいわい遠足 電車等に乗り園外に出ます
行きたいところを話し合ってみます
園児(5歳児)
ありがとうの会 4歳児以下のみんなから卒園児に感謝の会をします 園児(年齢に応じて)
「お祝いの会」
(さくらの会)
卒園のお祝いをします 4・5歳児 卒園児保護者
行事予定に関しまして

● 誕生会
3〜5歳:個人の誕生日にクラスにてお祝いします。
0〜2歳:担任より個人の誕生日に心をこめた記念のカードをお渡しします。

● 避難訓練
毎年行います。

● 身体計測
身長・体重:毎月20日に計測します。
頭囲・胸囲:年2回計測します。

● 健康管理
0歳児:内科検診を毎月1回
1歳児クラス以上:内科検診を年2回、歯科検診を年2回、視力検査(3〜5歳児のみ)を年1回行います。

*詳細は園便りクラスだよりにてお伝えいたします。
(日程等都合により変更する場合がありますご了承ください)

*0歳児をはじめ年齢・月齢の低い小さなお子さんは日常の生活を安定しておくれることが大切と考え無理なく行事に参加していくことと致します。

*今年度の行事の振り返りを行い、次年度はより白鳥ふたば保育園の保育理念にふさわしい行事にしていきたいと思っております。

PAGE TOP

園での生活〜一日の流れ〜

0歳児
月齢や個々の発達の差、その日の体調や状況に合わせて対応いたします。 食事・睡眠・遊びがスムーズに行えることを最重要ポイントとしながら保育者と深く関わって生活し、保護者の方との連携も密にしていきます。
1歳児〜2歳児
安心感があり見通しをもった行動ができるように基本的に毎日同じリズムで生活します。発達にふさわしい流れで生活できるようにまた基本的生活習慣といわれる、 食事・排泄・睡眠・着脱・衛生などに十分な時間をかけ個別の配慮をし、無理なく自分でやってみようと思えるように配慮していきます。
3歳児〜5歳児
異年齢ですごします。家庭の兄弟のように小さい子はお兄さんお姉さんの行動をみて学び憧れをもちます。大きい子は愛情をもって小さな年齢のこどもたちを助け見本となっていきます。 一緒に生活し一緒に遊ぶことで豊かな人との関わりをめざします。
時間 1〜2歳児 3〜5歳児
8:00 開園・登園 開園・登園
  遊び 遊び
9:00 おやつ おやつ
  遊び  
11:00   遊び
  昼食  
  午睡  
12:00   昼食
    午睡
14:30 めざめ めざめ
15:00 おやつ おやつ
  遊び 遊び
  順次降園 順次降園
18:30 補食・夕食 補食・夕食
  遊び 遊び
22:00 一日の保育終了 一日の保育終了

PAGE TOP

保育園における食事について

〜お腹がすいたと感じて食べる。おいしいと心から感じて食べる。
大好きな人と一緒にたべるから楽しい〜

こんな食事の姿であって欲しいと思います。

味付けは大人にとって薄味と感じる程度の味付けです
(塩分濃度0.6〜0.7%を基準値とし、塩分計を使用しています) 食品には自然の形で塩分(Na)は含まれています。味覚が完成していないお子さんたちは自然の塩分でも十分塩味を感じることができるといわれております。 (離乳食では素材の味を生かし、ほぼ調味料は使用しません。)大人の食事はお子さんにとって刺激が強いものが多く、味覚の発達に影響を与え、食べ物の好き嫌いが多くなる原因になることもあります。 塩分が高いもの(味の濃いもの)を好むようになり、小児生活習慣病の原因となることもあります。
使用食材はとしては・・・
自然食品のお店の泥付き野菜や調味料を使用しています。
だし汁は・・・
国産で自然食の干し椎茸、天然の日高昆布、三種のブレンド圧削り
味噌汁には煮干も使用してだし汁をとっています。
使用しないようにしている食品には
・蕎麦、ピーナッツ、アーモンドのようなアレルギー反応がでやすい食品
・漬物、佃煮などの塩分が高いもの
・ハチミツ、メープルシロップ⇒乳児ボツリヌス症防止のため(0〜1歳)
・チョコレート、コーヒーなどの刺激物